2021年度入試でも北大(医-医)、札幌医大(医-医)、旭川医大(医-医)を始め多くの合格者がでています。

元医学進学塾の学習指導・進学指導講師による少人数指導

受験のプロ集団。ここに集結。

元医学進学塾の学習指導・進学指導講師による少人数指導

北大・医大進学塾

お問合わせはお気軽に。

顧問 片丸 和男からのメッセージ

 私は札幌予備学院進学相談室長、そして医学進学塾長として、大学受験指導に40年以上かかわってきました。高校生、高卒生、保護者様との相談回数は少なくとも20万回を超えます。国公立大・私大を問わず、医学医療系学部を中心に全ての学部学科、そして難関大から専門学校に至るまで、どんな相談にも真摯に対応してきました。

 長い経験をこれからも受験生に役立てたいと思っていましたが、年を重ねたせいか塾経営と進学指導の両立が、体力的に続かないことを自覚することが増えてきました。そうしたときに、私の最も信頼する教え子の一人である矢ヶ部俊彰氏がこの塾を継承したいと申し出てくれました。私は彼に全幅の信頼をもっています。彼なら塾設立の指導理念を理解し受け継いでくれると確信しています。私はこれからは顧問という立場で受験生をサポートしていこうと思っています。

 私は毎年数えきれないほどの受験生と相談してきたせいでしょうか、受験生と話をしているだけで合否が分かることがよくあります。とても不思議な感覚です。受験生の皆さんは、ぜひ受かるタイプの受験生になってほしいと思います。とくに医学科のような難関大は必ずしも成績順で合否が決まるとは限りません。合格のためには高い学力と同時に、自分をきちんとコントロールできる「生活偏差値」が必要です。そして自分を客観視できる「第二の眼」をもつことも大切です。つまり合格のためには、学力の向上とともに「心の成長」が必要になるのです。

 私は20年ほど前に予備校を辞め、受験生によりよい環境を提供したいと思い、大学受験専門塾を開校しました。これまでの大人数指導ではなく、皆さんとより深く接していきたいという思いから、少人数指導の体制を築いてきました。その結果、毎年とても高い合格率となっています。しかし最も必要なのは、皆さんの「合格への情熱」です。最終的には受験は自分との戦いなのです。常に合格への情熱を燃やし続けながら、本塾のスタッフと一緒にがんばりましょう。

 2021年新年度から、医学進学塾は名前を改め「北大・医大進学塾」に変わります。しかし名前は変わっても「情熱をもって受験生を全力で応援する」という基本理念は変わりません。新塾長は現役の医師でもあります。医師の経験と若い感性による塾の指導体制は、既存の塾にはない素晴らしいものになると確信しています。

 フレッシュな指導体制と、長い指導経験の融合によって「北大・医大進学塾」は幕を開けます。受験生の皆さん、高い合格率を誇るこの塾で、目標大学の合格を確実なものにしてください。